スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
解毒がうまくできない現代人
現代人は、汗が出にくくなってしまっているそうです。

ましてや、化学物質過敏症の人は自律神経のおかしくなっていますから、

汗の出をさらに悪くなっているそうです。

汗の出は、脳の視床下部という所で調節されますが、

化学物質によって視床下部が機能不全になっているためと考えられています。


また、自律神経がおかしくなっていると行動する意欲も低下します。

そうなると体を動かすことも少なくなりますよね。

当然、新陳代謝が悪くなっていきます。


さらに悪いことに、肝臓の処理能力も衰えてくるのです。

従って、解毒作用がどんどん低下して、

血液を綺麗にする働きもうまくいかなくなってしまいます。

こうして、酵素解毒システムがダメージを受けるため、

化学物質を取り除く(解毒する)プロセス機能がうまく働かなくなるのです。


こうして、蓄積された汚染物質の層が重なっていくと、

ますます除去しづらくなっていき、

蓄積された化学物質は出口が見つからずに体内に留まり続けます。

つまり、化学物質はデトックスなどの方法で徹底的に取り除かない限り、

体内にどんどん取り込まれ、

溜まっていき、

段々症状が悪化していくことになるのです。




| 毒が溜まる仕組 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | - | -
SponsoredLink
コメント
コメントする