スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
解毒がうまくできない現代人
現代人は、汗が出にくくなってしまっているそうです。

ましてや、化学物質過敏症の人は自律神経のおかしくなっていますから、

汗の出をさらに悪くなっているそうです。

汗の出は、脳の視床下部という所で調節されますが、

化学物質によって視床下部が機能不全になっているためと考えられています。


また、自律神経がおかしくなっていると行動する意欲も低下します。

そうなると体を動かすことも少なくなりますよね。

当然、新陳代謝が悪くなっていきます。


さらに悪いことに、肝臓の処理能力も衰えてくるのです。

従って、解毒作用がどんどん低下して、

血液を綺麗にする働きもうまくいかなくなってしまいます。

こうして、酵素解毒システムがダメージを受けるため、

化学物質を取り除く(解毒する)プロセス機能がうまく働かなくなるのです。


こうして、蓄積された汚染物質の層が重なっていくと、

ますます除去しづらくなっていき、

蓄積された化学物質は出口が見つからずに体内に留まり続けます。

つまり、化学物質はデトックスなどの方法で徹底的に取り除かない限り、

体内にどんどん取り込まれ、

溜まっていき、

段々症状が悪化していくことになるのです。




| 毒が溜まる仕組 | comments(0) | -
脂肪を調べてみると?
人間の脂肪を調べてみると、

なんと300種類もの化学物質が検出されると言われています。

特に、塩素化合物や揮発性有機化合物(VOC)は、

血液より脂肪に溜まっていることが多いんです。

それこそ、かなりの高濃度で蓄積されていることが確認されています。

しかも、化学物質は積み重なるような感じで溜まっていて、

積み重なった上の方の化学物質がなくならないと、

下の方の化学物質は取り除けないそうです。

それに、水に溶けにくい性質を持っています。

こういった理由から、溜まった化学物質は容易には排泄できないんだそうです。





| 毒が溜まる仕組 | comments(0) | -
化学物質は脂肪に溜まりやすい
多くの化学物質は、水に溶けにくく脂に溶けやすい性質があります。

つまり、人間の身体にある脂肪に蓄積されやすいってことですね。

脂肪というと「皮下脂肪」がすぐ頭に浮かびますが、他にもあるんですよ。

 筋肉

 内臓

 脳

 神経組織

 細胞

 母乳

などにも脂肪が多かれ少なかれあります。

どんなに鍛えていても、脂肪率0%なんて有り得ないんです。




| 毒が溜まる仕組 | comments(0) | -
毒が溜まるとどうなる?
人によって化学物質(毒)が溜められる量はマチマチです。

その量を超えると体は化学物質を拒絶しようとします。

その結果、色んな病気になってしまいます。


次にあげる病気も、これが原因だといわれています。

 ・シックハウス症候群

 ・化学物質過敏症

 ・アレルギー性疾患


他にも、原因不明の体調不良など、

化学物質(毒)が深く関係していると考えられます。




| 毒が溜まる仕組 | comments(0) | -
普通の生活でも毒は溜まっていく
自然のものは、人間の体内で分解されやすいのです。

でも、人間が作り出した化学物質(毒)は分解されにくいんですね。

そして、地球環境を汚染し、人間の体内に自然に溜まっていくんです。


普通に生活しているだけでも、実はかなりの量の化学物質が入ってきます。

特に現代人は、

 分解・排泄する(出る量) < 取り込む(入る量)

なので、どうしても体内に溜まっていってしまいます。





| 毒が溜まる仕組 | comments(0) | -
SponsoredLink
| 1/1PAGES |